妊娠初期の症状紹介!いつからどんな症状がある?着床出血って何?

妊娠初期を徹底解剖

妊娠を希望する女性にとっては、毎月の生理が来るか来ないかは大問題です。
ついついフライングで妊娠検査薬を何個も使ってしまう方も多いでしょう。
ここでは、妊娠初期症状とただの月経の遅れの症状の違いを紹介します。
人によっては全く症状が同じで見分けがつかなかった、ということもあるそうです。
体調が気になる方は参考にしてみて下さい!

妊娠の初期症状はいつから出るの?

最初の症状とは

妊娠の症状は、生理予定日の1週間位前から出始めると言われています。
ここでは、その症状を紹介しますね。

 

着床出血

まずは着床出血といって、生理ではない少量の血が出ることがあります。
この出血はながく続かず、数日くらいで終了します。
不正出血かな?と思う方も多いと思いますが、着床出血の可能性も考慮しておいて下さいね。

体調の変化は?

出血だけでなく胸が張る・胸が痛くなることもあるようです。
それに加えて、ひどい眠気・だるさ・腰痛・腹痛・頭痛・頻尿・便秘・下痢症状が出るときもあります。
これは生理前も同じような症状になりますから、見分けは難しいですね…。

つわりのような変化があるときも?!

また、つわりの症状のように味覚・嗅覚に変化が出たり、吐き気をもよおす方もいらっしゃるようです。
ここで気をつけたいのは基礎体温です。
基礎体温がずっと高い場合、妊娠の可能性はずっと高まります。

 

ホルモンバランスの変調

妊娠の初期症状では、ホルモンバランスが崩れます。
ですので、ニキビや吹き出物が出やすくなります。
また、感情面でアップダウンが激しく感情的になる人もいます。

 

早めに判断できる検査薬を使おう!

一般の検査薬は、だいたい次回生理予定の1週間後から診断可能となっています。
ですが、最近は生理予定日まで待たずに検査できる妊娠検査薬があります。
「妊娠かな?」と思ったら、このように早期に判断できるキットを使ってみるのも良さそうです。
妊娠かそうでないのか、というもやもや状態を早く抜け出せるかもしれません。

どの段階で病院へいくべき?妊娠初期に注意すべきポイントとは

妊娠初期はいつ病院にいくの?

では、妊娠検査薬で確認したら、どのタイミングで病院に行くのが良いのでしょうか?

 

生理予定1週間後に病院に行こう

病院に行くのは、生理の予定日の7日後まで待ちましょう。
妊娠5週目(次回生理予定日の1週間後)なら、赤ちゃんはすでに超音波で確認できるほどになっています。
ここで確認がとれたら、やっと「懐妊」になるんです。
はやく病院に行っても、結局もう一度出向くことになり二度手間になってしまうんですね。
体調が悪い最中に病院にいくのはなかなかしんどいことです。
色々な状況を考えるとやっぱり焦って心がはやってしまいますが、まずは生理予定日の1週後までは落ち着いて経過観察したいものです。

 

5週目からは何に気をつけるべき?

まずは胎児が順調に育ってきていることを確認したら、前回の生理までに飲んでいた薬やサプリメントをリストアップし洗い出します。
気になるお薬があったら、主治医に相談しましょう。

サプリメントは飲んでいいの?

サプリも要確認です!

また、妊娠が確定したら市販薬の使用もすべて止めましょう。
医師がOKを出した薬なら大丈夫ですが、サプリメントも飲んでいいか聞いておいたほうが安心です。

 

食べ過ぎてはいけないものは?

また、魚は水銀が含まれていて妊婦に有害だと言われています。
食べ過ぎないように気をつけましょう。
食事や栄養指導などは病院でも相談し、自分でも書籍を読んだりネットを見たりして様々な角度から情報を収集しましょう。

情報が多すぎて何が本当かわからないときは?

病院で相談しましょう!

不安なことがあったら、なるべく専門家や医師に相談しましょう。
母親や祖母などからもたらされる妊娠・子育て情報は、いまでは間違っている情報も含まれていたりします…。
正しいかどうか、必ず専門家に確認をとってから試しましょう!

流産にならないように気をつけるべき事って?

早期流産を避けるために

せっかく赤ちゃんを授かっても、ちょっとした不注意が原因で流産してしまう場合もあります。
そんな残念な事にならないためには、どういった事に気をつければいいのでしょうか?

 

冷えに気を付けましょう

女性の半数以上が冷え性だと言われていますが、妊娠中は特にホルモンバランスの変化などによって体温調節が難しくなりがち。
この「冷え」は母体にも赤ちゃんにも影響を及ぼし、流産の原因となる場合もあります。

冷えが早期流産の原因になるのはなぜ?

体が冷えると血行が悪くなり、痛みに敏感になってしまいます。
そのため、腰痛や便秘になりやすくなったり、つわりがひどくなったりすることが考えられます。
また、陣痛の判断が鈍って子宮口がうまく開かず、難産になる可能性もあるんです。
さらに、血流の悪化によって赤ちゃんに酸素や栄養が十分に届けられなくなってしまいますし、子宮収縮が誘発されるなど支給環境の悪化も懸念されます。
そのうえ、子宮が冷えていると赤ちゃんが温かいところを探して動くため逆子の原因にもなるんです。
妊活の段階でも赤ちゃんを授かってからも、冷えには充分に気をつけていきたいものです。

飲酒や喫煙を控えましょう

こちらも一番最初のページで紹介しましたが、お酒やタバコも早期流産の原因になります。
1日に純度100%のアルコールを45ミリリットル(ビールなら大瓶2本、日本酒なら3合)摂取すると自然流産の確率がなんと約2倍になるんだとか。
また、流産しなかったとしても、胎児性アルコール症候群になる危険性もあります。

胎児性アルコール症候群はどんな症状を引き起こす?

妊娠中に飲んだアルコールは、そのまま胎盤を通って赤ちゃんにも届けられてしまいます。
そのため、赤ちゃんがお酒を飲んだような状態になってしまうんです。
その影響によって成長・発育が遅くなったり、低体重・低身長の赤ちゃんになったりする場合もありますし、小頭症や顔面中央の形成不全などの奇形、知能障害などが起こる可能性もあると言われています。

喫煙のリスクは?

また、喫煙によっても流産のリスクはおよそ2倍になります。
タバコにはニコチンや一酸化炭素などの胎児にとって毒になるものが含まれていますし、血行が悪くなることで酸素や栄養が十分に供給されなくなってしまうんですね。
そのため、流産しなくてもこちらも発育不良や早産、低体重、前置胎盤などの原因になるんです。

ストレスを避ける

妊活中もそうですが、妊娠してからもストレスは女性の大敵!
現代社会においては、誰しもが何らかのストレスを抱えているものですが、強いストレスは流産の原因にもなってしまう可能性があるんです。
昔はストレスと流産の医学的な関係はない、と言われていましたが、今ではその関連性が指摘されています。
ストレスがたまると、脳はそれに対抗するためにストレスホルモンを分泌させます。
このホルモンには、血行を鈍らせる働きがあるんです。
その影響で赤ちゃんに酸素や栄養が行き届かなくなると、子宮の機能も鈍って妊娠状態を維持することができなくなってしまい、流産してしまう場合もあるんです。
たかがストレスと軽く考えずに、ストレスをためないように出来るだけリラックスして過ごしましょう。

疲れをためない

妊娠初期のあまりお腹が目立たない状態では、なかなか仕事を休んだりしにくいもの。
周りの人も、おなかが大きい妊婦さんには気を使いますが、そうでない人にはあまり注意を向けてくれません。
ですが、妊娠3か月までの初期の状態が一番流産しやすい時期なんです。
この時期に疲れをため過ぎてしまうと、流産のリスクが高まってしまいます。
お母さんが疲れている時は、おなかの中にいる赤ちゃんも疲れています。
体調が悪い時には、無理をせずに体を休めるようにしましょう。

日々の栄養バランスに気を使う

妊娠したら、それまで以上に栄養バランスに気を使う必要があります。
赤ちゃんはお母さんから栄養をもらいますから、そのお母さんが栄養不足だと赤ちゃんにも十分な栄養が行き届きませんよね!
また、妊娠時には普段よりも意識して摂取した方がいい栄養素があります。
最初のページでも紹介している葉酸をはじめ

  • 亜鉛
  • 鉄分
  • カルシウム
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12

なども不足しないように摂取するように気を付けましょう。

妊娠初期に用意した方がよいもの4つ!

妊娠初期には妊婦グッズを揃えよう

妊娠初期は流産をしやすい非常に危険な時期。
この時期は、出来るだけ体に負担をかけないように工夫をする必要があります。
ここからは、妊婦さんが用意しておいた方が良い体にやさしいグッズ4種類を紹介します。 

 

妊娠したらまず意識しなければならないのが、靴!
安全に歩けて、足を暖めるようなオススメの靴を紹介します。

UGG・ムートンブーツ

UGGのムートンブーツは妊婦さんの秋冬シューズにおすすめ

(引用:https://www.ugg.com/jp/women-boots-classic/)

 

UGG(アグ)はアメリカのデッカーズ・アウトドア・コーポレーションのシューズブランド。
世界中で販売され日本でも定番の商品なので、ご存知の方も多いと思います。
妊娠中はヒールのある靴を履いていると体への負担も大きく、また、冷えも大敵。
アグのムートンブーツは温かさも抜群なので、妊婦さんの秋冬にぴったりです。
ミニ、ショート、ロングなどの様々なサイズやローファータイプのモカシンなど、デザインやカラーもバリエーションが豊富。
妊娠中でも体を気遣いながらおしゃれを楽しむことができます♪
管理人*megu*のおすすめは、シーズン毎に出る限定色のムートン!
寒い季節の洋服は色が暗くなりがちなので、「足元から明るく」を心がけています♪

 

ミネトンカ・モカシン

ミネトンカのモカシンも履きやすい!

(引用:http://www.minnetonkamoccasin.co.jp/)

 

1946年に創業されたミネトンカは、サンダルやブーツなど様々なアイテムも取り揃えていますが、中でも一番メジャーなのがモカシン!
モカシンとはそもそも、一枚の革で足を包み込むように作られた靴で、アッパー部分の縫合をモカシン縫いと呼ぶため、靴自体もモカシンと呼ばれるようになりました。

 

ミネトンカはモカシンを代表するブランドの一つで、そのぽってりし過ぎない絶妙のデザインは定番中の定番。
もちろん、体への負担も少ないので、安全は確保したいけど可愛い靴も履きたい…というプレママさんもってこいの一品です。
私はミネトンカのフリンジブーツも大好きで、形が崩れないよう大事に履いています!

 

Repetto(レペット)・バレリーナシューズ

フォーマルなシューズを探しているプレママさんにおすすめなのはレペット

(引用:http://www.repetto.jp/shop/repetto/Cendrillon+ballerina/item/view/shop_product_id/5577)

 

レペットは、1947年創業のフランスのダンスブランド。
ローズ・レペットがダンスシューズをデザインしたことが始まりで、伝統的でシンプルかつ可愛らしいシューズやバッグ・ウェアが世界中で愛されています。
オードリー・ヘップバーンなどの世界的な女優も愛用していたというレペットのバレリーナシューズは、女性の足にそっと寄り添うようなデザインが特徴的で履き心地も抜群。
妊娠中だけでなく、出産後もオシャレに普段遣い出来るデザインです。
カラーのバリエーションも繊細な色彩が毎シーズンたくさんありますので、どなたでも気に入るシューズが見つかりそうです♪
レースアップのシューズなどもエレガントで、女性らしくとてもカワイイですよね!

 

ブラジャー

つぎに準備したいのは、下着!
体型も体調も大きく変化していきますので、こちらもぜひ自分にぴったりのものを用意したいものです。

angeliebe(エンジェリーベ)・ママとつくったふんわり授乳ブラ

プレママと授乳中のママにおすすめ・エンジェリーベ

(引用:https://www.angeliebe.co.jp/disp/CSfGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=105914)

 

エンジェリーベのママとつくったふんわり授乳ブラは、妊娠中でも愛用できる優しいブラジャー。
妊娠中から授乳期にかけての妊婦さんの胸のサイズは大きく変化しますから、普通のブラジャーでは締め付けがきつくなってつけ続ける事が苦痛になりがち。
ですが、エンジェリーベのママとつくったふんわり授乳ブラは、4段階のアジャストが付いているのでサイズの調整が簡単で、いつでも丁度良いサイズで着用可能になっています。
デザインもスイートで可愛いものが多いですし、肩紐がずり落ちないようにストラップに工夫もされていますからストレスもありません。

 

ワコール・ハーフトップMMS016

ハーフトップで胸を楽に!

(引用:https://www.wacoal.jp/item/disp/detail.html?GOODS_CD=MMS016&SEASON_CD=18SS)

 

ワコールのハーフトップMMS016は、授乳に便利なカシュクールタイプのマタニティブラで、綿ベア天竺素材のソフトなブラジャー。
取り外し可能なカップが入っていてシルエットも美しく、カジュアルなボーダー1色とシンプルな無地2色の計3種類が用意されています。
もちろん、授乳用だけでなく妊婦さんにも好評で、やわらかい付け心地と美しいバストのシルエットで高い人気をほこっています。
ワコールのマタニティインナーは、産前産後の体の変化を研究してつくられているそう。
ママの体と赤ちゃんの快適な生活をサポートしてくれますよ。

 

加湿器

次に紹介するのは、加湿器!
妊娠すると、ホルモンバランスの変化などから乾燥しがちになります。
また、赤ちゃんのことを考えると加湿器はあった方が良いですよね。

山善・SteamCUBE

妊娠中は乾燥が辛いものですが、この山善のSteamCUBEは部屋の状態に合わせてパワフル・標準・ひかえめの3段階の加湿を選べる優れものです。
フタが大きく開いて上から水を注ぐだけで簡単に給水できますし、タンクが取り外せるうえにフッ素加工が施されていますから、加湿器特有の面倒なカルキなどのお手入れも簡単に済ますことができます。
お肌に良いとされる湿度は60〜65%と言われていますが、乾燥している冬の室内の湿度は30%を下回ってしまうこともあります。
乾燥がひどいと体調も崩しやすくなりますから、加湿器を利用してしっかり部屋を加湿しましょう。
山善の家電はシンプルなデザインのものが多いので、インテリアの邪魔にならないのも嬉しいですね。

 

株式会社ドウシシャ・ハイブリット式加湿器SHKD-351

株式会社ドウシシャのハイブリット式加湿器SHKD-351は、強・中・弱・微弱の4段階に加湿性能を調整できます。
強で運転している時でもおよそ8.5時間の連続運転が可能とかなりパワフルなので、動くのがしんどい妊婦さんでもゆっくりくつろぐことができますね。
このハイブリット式加湿器SHKD-351は、抗菌製品技術協議会マークを取得しています。
これは、抗菌試験機関やメーカーなどが集まってできた団体がその品質や安全性に適合した抗菌加工製品に与えているシンボル。
特に体調に注意したい妊婦さんでも安心して使用することができますね。

 

妊娠線用クリーム

続いておすすめしたい妊婦さんグッズは、妊娠線のクリーム!
絶対というわけではありませんが、あったら嬉しいケアグッズです♪

erbaviva(エルバビーバ)・STMオイル

エルバビーバのSTMオイルは、ジョンマスターオーガニックグループが発売している妊娠線用オイル。
肌を整える効果のあるニンジン種子油やローズヒップオイルが配合されたマッサージオイルなどによって肌を柔軟に保ちながら保湿も行います。
オイルなのにさらっとした手触りでべたつかないのも嬉しいですね。
エルビーバのオイルは良いかおりのものが多いので、リラックス効果もありそうです♪

 

MAMABUTTER(ママバター)・フェイス&ボディオイル

ママバターは1979年に設立された、株式会社ネイチャーラボのブランド。
ママバターのフェイス&ボディオイルは、100%天然のオイルで、天然の保湿成分シアオイルを20%配合しています。
全身に使えますし、どんなお肌のタイプの人でも保湿ケアやマッサージオイルとして使用できます。
無香料なので赤ちゃんにも使用できるほど優しいテクスチャーですので、産後も安心して使えます。

 

BELTA(ベルタ)・マザークリーム

ベルタは、2010年に設立された株式会社ビーボのブランドの一つです。
葉酸サプリの「ベルタ葉酸」などもこの会社から発売されています。
このベルタのマザークリームは、シラノール誘導体と葉酸、ヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲンがたっぷりと配合された保湿クリームで、5種類のアミノ酸やビタミンまで配合されています。
柑橘系のさわやかな香りが妊婦さんをリラックスさせてくれるので、エルビーバのオイルと同じようにフレグランスなどが好きな方にもおすすめですね。
もちろん、妊娠線が出来にくい肌に整えてくれますよ。

妊娠が判ってからも、きちんと出産できるまでにはまだ9ヶ月ほど時間があります。

 

ママになる心構え
これからの子育てのプラン
体調管理

などなどやることはたくさんありますよね。
でも、まずはお母さんになる貴方の体と心が第一に大事です。
健康な赤ちゃんを出産できるように、無理をしないように日常生活を送り、いまできることをしていきましょう♪

 

>>TOPページへもどる <<