妊娠する方法はコレ!一度は試して見たい方法ベスト3

妊娠する方法

妊娠する方法はコレ!絶対に赤ちゃんが欲しい人は試さないと損!では、

  • 妊娠する為に気をつけると良いポイント
  • 妊娠しやすい体の状態
  • 排卵日の確認方法
  • 男の子と女の子を産み分ける方法

などを紹介しています。

 

絶対に妊娠したい!と思っても、実は人間が妊娠する仕組みというのはとても複雑です。
欲しいと思ったときにすぐにできる、というものでもありません。
ですが、妊娠するためにできることはあります。

 

簡単にできる方法もたくさんありますから、まずはここで挙げる方法を試してみてはいかがでしょうか。
ちょっとしたことを続けていくだけで妊娠できる可能性は高くなると言われています。

 

  1. 妊娠する方法3選!まず気をつけたいこととは?
  2. 妊娠しやすい体とは?
  3.  

    妊娠する方法3選!まず気をつけたいこととは?

    体を冷やさない

    まず、冷えは妊娠の大敵です。
    ですから、できるだけ体を冷やさないようにすることが大切になってきます。

     

    • 生姜
    • 根菜
    • 大豆食品
    • たんぱく質を多く含むもの

    上記のような体を温めるものを食べたり、

    • 半身浴をする
    • 腹巻きを巻く
    • 首・手首・足首を温める
    • 指先・あし先など末端を冷やさない

    上記などの体を冷やさない対策をしておくと妊娠しやすくなります。
    また整体院などで血行に効くツボ押しをしてもらったりするのも効果的ですし、リンパに効果のある箇所を押してのリンパの流れを良くすることも効果が期待出来ます。

     

    血行がよくなると冷えも改善され、さらに体の巡りがよくなって体調を整えることにもつながっていきます。

     

    このような工夫をして冷えから体を守ると妊娠の可能性が上がります。

     

    規則正しい生活を送る

    え?そんなことで?と思うかもしれませんが、規則正しい生活は体のリズムをキープすることにつながります。
    体のリズムが一定なら、生理不順なども起きにくくなり妊娠しやすくなるのです。

     

    適度な運動を心がけ、睡眠をきちんととりバランスのとれた食事をすることが大切です。
    偏食や過度な食事制限などは体に負担をかけます。

     

    また、ストレスを溜めないようにすることも重要です。
    ストレスは万病のもと、そして不妊のもとになります。

     

    子宮などのホルモン系の臓器は、ストレスなどの影響を受けやすいとも言われています。
    運動や趣味の時間を作ってストレスを解消するようにしましょう。

     

    基礎体温をつける

    基礎体温は朝起き上がる前の体温です。
    目が覚めたら体を起こす前に体温を計ります。
    これで基礎体温を知ることができます。

     

    この基礎体温を記録することで排卵日を予測することができるようになり、妊娠の可能性が高くなります。
    排卵日を把握しておけばどのタイミングで性行為をすれば妊娠できるかがわかりやすくなるのです。

     

    どの方法も今日から始められるものばかりです。
    確実に妊娠できる!という方法はありませんが、妊娠しやすくするための方法ならたくさんあります。
    まずは自分にできることから始めてみましょう。

     

    また、産み分け方法として効果的な潤滑ゼリーが人気みたいですね!
    詳しくは、こちらのサイトに書かれていますので、是非参考にしてみて下さい。
    【サイトはこちら:女の子産み分け男の子産み分け.net|ハローベビーゼリーの口コミ・効果について

妊娠しやすい体とは?

妊娠しやすい体がどんなものか、知っていますか?
そしてあなたは自分が妊娠しやすい体なのかどうか、わかっていますか?
妊娠しやすい体のことを知り、自分の体をそこに近づけることによってあなたも妊娠しやすくなりますよ。

 

生理周期

きちんと生理はきていますか?
生理不順になっていたりしませんか?生理はきちんと排卵がされていることの証拠です。

 

これが常に一定の周期できている体は妊娠しやすい体だといえます。
逆に不順であったり、すぐに終わってしまったりと生理に何かしらの異常がある場合は妊娠しにくい体になっている可能性があります。

 

体が温かい

あなたの平熱はいくつですか?
36度以上あるならそれは妊娠しやすい体だといえます。

 

体が温かいことはそれだけで宝です。
きちんと常に体を温めることを意識しておくことが重要です。

 

体が冷えると排卵異常になったり、子宮になんらかの悪い影響が出ることもあります。
ぬるめのお風呂に長く浸かって体を温めたり、生姜やハーブなどで体の内側から温めたりすることも大切です。
これらを習慣化し、常に体が温かい状態にすると妊娠しやすくなります。

 

ストレスフリー

妊娠しやすい体とは?

ストレスは体に負担をかけます。
つまり母体に負担がかかっているということです。
そうなれば妊娠もしにくくなってしまいます。

 

なるべくストレスフリーでいましょう。
それが妊娠しやすい体となっていきます。
日常のストレスはいろいろなところにあります。

 

・過度なダイエット

 

・パソコンやスマホを長時間見ている

 

・激しすぎる運動

 

・通勤ラッシュ

 

・過食や拒食などの摂食障害

 

これらを日常的に行っていると体は常にストレスにさらされることになります。
できるだけストレスを避けるようにすることも妊娠しやすい体になるためには重要なのです。

 

ちょっとしたことではありますが、なかなか気づけないことが多くあります。
妊娠しやすい体になりたいなら、まずは悪い習慣を断ち新しい妊娠しやすい環境を取り入れていくことです。

更新履歴